トップ >> メールマガジン >> メールマガジン「住まい選びの成功法~秘訣は不動産会社選びにあり!~」バックナンバー

メールマガジン「住まい選びの成功法~秘訣は不動産会社選びにあり!~」

決める前にチェックしておきたいポイント(4) 不動産の取引で失敗してしまう人の共通点とは

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

          ■住まい選びの成功法■
          ~ 秘訣は不動産会社選びにあり! ~

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━第13号 2012/10/10

買うにせよ、借りるにせよ、不動産の取引は多額の費用がかかるだけに
絶対に失敗したくありませんよね。でも、残念ながら、どうしても
上手くいかない人が少なからず存在します。そして、その人たちには
共通点が見いだせるんです。今回は、そこをお話します。
反面教師として、ぜひ知っておいてください。

まず、即断即決、比較検討せずにすぐ買ったり借りたりしてしまう人は、
失敗します。不動産取引は、洋服などを買うのとわけが違います。
後悔している人を見ると、ほぼ例外なく、衝動買い(衝動借り)
してしまったパターンです。

数多くの物件を見ることによって、見る目が養われ、相場感や
物件の良し悪しは必ずわかるようになります。業者さんの
セールストークにくれぐれも惑わされないでください。
不動産は焦って買うもの(借りるもの)ではありません。

次に危ないのは、ちょっと知っただけで専門家になったような気に
なってしまう人です。最近は情報誌や書籍、インターネットなどから
かなり専門的な情報が簡単に入手できるようになりました。
その気になれば、相当詳しいところまでわかるわけです。

しかし、そうした机上の情報だけで不動産を判断するのは危険です。
実際に足を運び、自分の目と耳で得た情報と合わせてこそ、
バランスがとれ、正確な判断ができるもの。情報でプロと渡り合おう
などと考えてはいけません。

逆に、気後れしてしまったり、なにごとも「ま、いいか」と流れに
任せてしまう人も問題ありです。疑問に思ったこと、聞いておきたい
ことをそのままにするのは、後々トラブルの元になります。
不動産取引での疑問点は、しつこいくらい訊く姿勢が肝心です。

人が良すぎたり、すぐ人を信用してしまうのも不動産取引では
考えものです。世知辛い話ですが、運悪く担当になった営業マンが
実直で真っ正直な人とは限りません。

また、悪意がなくても、物件やとりひき の上での問題点に気がつかない、
気づくことができないような、残念な営業マンに当たる場合も
あります。そんなとき、一緒になって騙されてしまったとしたら、
それこそ、残念としか言いようがありませんよね。

実際に会わなくても、何回かメールでのやりとりをするだけでも
相手の人間性はなんとなく伝わってくるもの。「この営業マン は
親切だな」「この営業マンさんとは気が合いそう」と感じるのは
嬉しいことに違いありません。

しかし、営業マンの性格や態度の良し悪しと、物件の良し悪し
とは関係がないと肝に銘じてください。営業マンに必要以上に
厳しく対することはありませんが、不動産は高額な取引になるので、
こと物件や取引内容については情に流されず、冷静に対処しましょう。

ここで質問です。あなたは、不動産取引と、他の商品、例えば時計や
自動車などの購入との違いがわかっていますか? 当メルマガの
読者の皆さんなら、もちろん大丈夫ですよね。

時計や自動車などの商品は、どこで買っても、だれから買っても、
商品自体の品質に違いはありません(運悪くコピー商品だった場合、
その限りではありませんが…)。商品に問題があれば、修理してくれたり、
場合によっては新しいものに交換してくれたりします。

不動産は同じものがひとつとしてありませんから、交換は不可能。
欠陥などを認めさせるのも容易ではありません。つまり、不動産の
取引というのは、高額で、たいへんデリケートなものなんです。
これまで述べてきたことを理解した上で、慎重かつ冷静な取引を
くれぐれも心がけてください。

最後にひとつ、実行しやすいアドバイスを。気になる物件が見つかり、
迷ったり、突っ走りそうになったら、利害関係のない第三者に
相談するのがオススメです。客観的な意見を聞くと、それまで
見えなかったものが見えてくるはずです。

>> 次号 決める前にチェックしておきたいポイント(5) 物件が探しやすくなる不動産会社との付き合い方

戻る

メールマガジン
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?