トップ >> 街の不動産屋さん

街の不動産屋さん
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?

連載インタビュー 街の不動産屋さん


1/3回目はこちら
3/3回目はこちら
不動産屋さんって、怖いイメージがありませんか?
「お店に入ったら最後、出られなくなりそう」とか「親身になって探してくれるの?」とか、
あまり良いイメージがないのでは?
それは、不動産屋さんをよく知らないからだと思います。
という訳で、みなさんに代わり、不動産屋さんに直撃インタビューしてみました!!

第2回 連載2回目 結ゆいまーる 金田静江社長 結ゆいまーる様ホームページ
http://www.yuimal.co.jp/


東京メトロ表参道駅徒歩1分
メーゾンブランシュ1 3階

地図はこちら
取材日:2004年10月12日
表参道の不動産屋さん「結ゆいまーる 金田社長」へのインタビュー、連載2回目です。
街の雰囲気はとても素敵ですが、やはり人気もあるし家賃も高いので、誰でも住める街という訳ではないみたいですね。
今回はお店のモットーや取り扱っている物件、ホームページについて、詳しく聞いていきたいと思います。
表参道駅前
表参道駅前

  御社の事をより詳しく教えて下さい
---- 御社のモットーについて ----

村上 次に、御社のことをより詳しく聞かせて頂きたいと思います。御社がモットーにしていることは何ですか?

社長 とにかく、お客様の話しやすい雰囲気を大事にしています。
    オシャレな街だからと言って取り澄ました感じではなく、「お母さん達がいるな」と気安く思って頂けるような、そういうアット
    ホームな感じを目指しています。

村上 そういう感じだと、お客様は話しやすいですね。

社長 それと、お客様が何を望んでいるのか、素早く理解する。お部屋をご紹介する時に、家賃とお部屋の広さなどの条件だけ
    でお客様とやり取りしていると、希望と違う場合があります。確かに条件は具体的におっしゃって頂いているんですが、
    イメージを大事にしていたりするんですよ。全体的なことも考えながら、物件をご紹介しています。

村上 そういうの、私もあります!

社長 細かくきっちりと、全て相手に伝えるのは難しいですよね。はっきりおっしゃる方と、そうでない方がいらっしゃいますので、
    「外観を大事にしてらっしゃるのかな」とか「日当たりを気にされているのかな」など、色々考えています。

村上 私もお部屋を借りるときに、不動産屋さんへ希望条件を言ったのですが、結構細かい希望がありました。出来れば新しい
    方が良かったり、飲食店の上はイヤとか(笑)


社長 ええ、結構ありますよね。ただ、「マンションじゃなきゃイヤ」「キッチンはこれ位の広さがなければイヤ」「でも、家賃はこれ
    しか出せない」等、枠がうんと狭くなってしまうと、お部屋がなくなってしまいます(笑)
    「どうしてもその条件で、ここのエリア」とおっしゃるのであれば、その条件の優先順位を絞ります。
    それでもご紹介が難しいなと思ったら、エリアの変更をおすすめする場合もあるんですよ。

村上 私も引っ越す時、気に入った場所でしたが、条件的に無理だと思ったので変えましたね。

社長 それはお客様にとって、その方が条件に合ったお部屋が見つかるのではと思うんですよ。お客様の立場に立って考えた
    ら、そこまできっちりと的確なアドバイスをした方が親切だと思います。
    粘りがないと思われるかもしれないけれども(笑)

---- お店の特徴 ----

村上 では、お店の特徴とは何でしょうか。

社長 スタッフ全員女性なのが、特徴かな。

村上 女性にとっては、とても安心ですよね。

社長 そうですね。事務所や店舗のお客様の場合は、性別は関係ないかもしれませんが。

社長 うちは「女性にやさしい不動産屋さん」というのを、出来た時からずっと使っているんですよ。不動産業に入った時は、
    学生さんが多い目白という場所にありました。隣が池袋と高田馬場で、間に挟まれた静かな街ですけれども。

村上 ええ、静かで上品な良い街ですよね。

社長 推薦入学で大学に入る場合、高校生ぐらいで入るじゃないですか。特に女子高校生の場合、女性だと安心かなと思いま
    す。その当時10年以上前ですが、鍵を持った男性の営業マンが一旦紹介した女性のお部屋に入って、事件を起こした事
    があるんですよ。不動産のイメージが悪いときって、あったんですよね。そういう時に女性が対応したら、地方から出てき
    て緊張している子達も安心しましたし、ご両親にも安心して頂けたんです。絶対、女性の営業が必要だと感じました。

村上 なるほど。
女性にやさしい不動産屋さん
女性にはうれしい
「女性にやさしい不動産屋さん」
社長 社会人になられたOLさんが、泣きながら来たこともあります。
    池袋の方でお部屋を探したら、若い男性の営業マンに「部屋探す前に
    男さがせ」なんて言われたみたいで。
    絶対にこれは、女性が入れるような不動産屋さんにならなきゃいけな
    い。
    女性の窓口にならなきゃいけないんじゃないか、と気負いましてね。
    それから、「女性にやさしい不動産屋さん」をずっとやりたいなと思いま
    した。それで付けたんですよ。

村上 そんな事があったんですか。

社長 付けても女性、男性関係ないですけどね。逆にお客様の方が厳しくて、
    いじめられました(笑)
    男性の方でもね、そういう風に書いてあったからということで、最近お見
    えになった方がいらっしゃいましたよ。
    「他の所へ行くより、なんとなく親切そうだから」って。
    「女性専門ですか?」とお見えになる方も、いらっしゃいますね。
    ただ、イメージは悪くないようです。 
--- どのような物件に強いか ----

村上 御社の扱っている物件は、どういう物件が多いですか。

社長 事務所が多いですね。住宅は少ないかな。
    自分達から出かけて行き、大家さんにお願いする事はほとんどありません。気にかけているお部屋をお客様にすすめて
    欲しいと、女性の大家さんがお見えになったことはあります。

村上 大家さんに無理にお願いすることはないんですね。

社長 本当に弱いのは店舗ですね。店舗はやっぱり需要が高いです。それに、元々その店舗を持ってらっしゃった不動産屋さ
    んが、大家さんと深くつながりがあるので、物件がなかなか出ないんです。10年やっててもないですね。とにかく、店舗
    の需要がものすごく多いので、難しく感じています。

社長 お客様も店舗をお探しの方が多いですけどね。市場にまわっている物件をご紹介しているんですが、競合の物件が多い
    ですよね。

村上 店舗は、ものすごく人気ありそうですね。

社長 他の不動産屋さんとバッティングしてても、リピートのお客様でしたら、大家さんに「結ゆいまーるから紹介して下さい」と
    おっしゃって頂ける場合があります。そういう時に信頼関係があると、他の所から出てても「結ゆいまーるに頼みたいわ」
    と言って頂けますね。結局は信頼関係が築けているかいないかで、契約になるかならないかってなります。

村上 難しいですね。

社長 自分で物件を持っていれば、良いんですけどね(笑)色々な所を選んで頂けるし、お客様に直接紹介したり出来るんです
    けど。でも残念なことに、そういうのはないから。

村上 お部屋が空いたら、即奪い合いみたいな感じなんですね。

社長 物件自体が少ないですからね。空いたかしらと思うと、もう次が決まってますよね。だいぶ前に決まっているので、すぐ工
    事が始まり、新しいお店に変わる。

村上 ものすごく人気ある街なので、物件自体が少ないのは分かりますよ。
---- 物件のお問い合わせについて ----

村上 物件のお問い合わせは、どのようなお客様からが多いですか。

社長 青山のお客様が多いでしょうか。ホームページやポスティング、チラシ
    をご覧になって、お問い合わせ頂いてます。チラシはいつもビルの下に
    置いていますね。

村上 やっぱり、人気がありますね。

社長 現在青山で事務所を借りているお客様は、基本的に青山以外に行きま
    せん。青山の中で動いているんですね。
    お部屋を変える時は、今までお世話になっている不動産屋さんにお声
    をかけます。お客様は私達より詳しい方が多いですよ(笑)
チラシ
ビルの下にはいつも
お店のチラシを置いておく
社長 すると、自分達で情報を持ってきたり、「ここ空いているようなんだけど、見て下さいませんか」とかね。
    うちは、駅に行くときのちょうど通り道にあるので、前を通りがかったお客様が電話番号をメモしていきます。後から電話
    がかかってきて、お問い合わせ頂く事がありますよ。

村上 チラシだと、後からお問い合わせしやすいですね。

社長 一番多いのは、リピーターとホームページをご覧になったお客様と、チラシを持って行ったお客様。「ここ不動産屋さん
    なんだ」とチラシをポケットに入れておいて、後から電話をかけてくるお客様ですね。それから、紹介のお客様。

村上 そうなんですか。青山以外からお問い合わせは、あまりないんですか。

社長 いえ、そういうお客様もいらっしゃいます。それはホームページをご覧になった方ですね。
    この間は、京都の方と国立(東京)の方がお見えになりました。遠くの方の方でホームページをご覧になり、7月位に成約
    して頂いたお客様もいらっしゃいますよ。

村上 なるほど。

社長 地方で探してるお客様が、もっといるんじゃないかなと思っていたんですけど。ホームページで探して電話をかけてくださ
    る方は、このまわりが多いですね。

村上 やっぱり、青山で借りている方は「ここで」という方が多いんでしょうね。

社長 店舗・事務所は、デザイン系とか建築関係のお客様が多いんですよ。小さい所から徐々に大きくなっていく所とか、逆に
    縮小なさるとか。「この場所は離れない」という方達が、たくさんいらっしゃいます。物件には常に目を付けていて、良い所
    を見つけたらホームページで見てみよう、という方が多いです。

  ホームページに掲載されている物件に対する、お客様の反応
村上 ホームページに掲載されている物件に対して、お客様の反応やお問い合わせはありますか?

社長 登録するお客様の中で、登録物件に対するお問い合わせと物件関係なく登録して下さるお客様の割合は、7:3位です
    ね。例えば「家賃6万5千円~7万円位のを探している」のが7くらいで、「とにかく探している」という方が3くらいですね。

村上 みなさん、ご自宅でホームページを見て、お店にいらっしゃるんですか?
結ゆいまーるホームページトップ
結ゆいまーる ホームページトップ (2004.10月)
http://www.yuimal.co.jp/
社長 そうですね。ですから、ホームページに掲載する物件は、お
    客様のニーズに合ったものを選んでいかないとダメですね。
    物件自体がなければ供給出来ませんが、登録する物件は
    考えて選択していかないと。相手が見えない分だけ、相手
    が分かると思うんですよ。

村上 見えないけども、ホームページで会社が分かってしまうとい
    う事ですね。ホームページをご覧になってお問い合わせをす
    る方は、若い方が多いですか。

社長 年齢的には、様々ですよ。20代から50代位まで。女性で高
    年齢の方もいらっしゃいます。
    厳しい条件でお部屋を探している方は、他の所には言いにく
    いけど、うちには言いやすいみたい。特に女性の方が多い
    です。全く探せないような条件の時は、「ごめんなさい」とす
    ぐ謝り、「こちらに探しに行ったらどうですか」というアドバイス
    をするようにしているんですけどね。
    5万台位の物件がたくさんあったら、どんなにいいんだろうっ
    て、思うんですよ。

村上 5万円台だったら、私も借りたいくらいですよ(笑)

  ホームページを持つ前と、持った後の違い
村上 では、ホームページを持つ前と今では、お客様の反応は違いますか?

社長 イメージがすごく良いですね。名刺にホームページアドレスが書いてあると、「じゃ、見てみます」とみなさん言って下さい
    ます。こちらも「ホームページから登録してね」と気軽に言えますし。
    てきぱきと応対が出来、条件を聞くために電話をかけなくて済みますね。

村上 そういう利点があるんですね。

社長 ホームページが出来た時は、みなさん「すごいね!これで普通の会社みたいになったな!」なんて、喜んで下さいました。
    イメージは良くなりましたよ。

村上 お問い合わせも、しやすくなったかもしれませんね。

社長 そうですね、それはありますね。以前は1階にお店があったので目立っていましたが、ここは3階でしょう。3階なので何か
    やらないといけませんよね。
    エレベーターがあるとは言え、お客様がフラッといらっしゃるには、敷居が高いだろうなと思います。
    本当にホームページを持って、良かったなと思っています。

村上 ホームページを持って契約がスムーズになったり、早くなったりという事はありますか。

社長 地方からいらっしゃった方と契約が出来たという点で、簡単になった所はあると思います。
次回へ続く

お店情報
結ゆいまーる 有限会社 結ゆいまーる

住所:〒107-0062
    東京都南青山5-6-6 メーゾンブランシュ1 302
TEL:03-5468-0401 FAX:03-5468-0402
お問合せ先:info@yuimal.co.jp
お店HP:http://www.yuimal.co.jp

  編集後記

 みなさん、「結ゆいまーる」さんの連載第2回目はいかがでしたか?
 スタッフが全員女性なのは、女性にとってうれしい限りですね。お客様も相談しやすいようです。
 次回は、インターネット以外にも工夫している点や今後の目標などを聞いてみたいと思います。
 連載3回目も楽しみに待っていて下さいね!!
(取材、撮影、編集、文章、Web作成 : インターネット・コラボレーション・ライター 村上 幸 )

連載3回目へつづく >>>