トップ >> メールマガジン >> メールマガジン「不動産屋さんに行く前に」バックナンバー

メールマガジン「不動産屋さんに行く前に」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


日本で始めてのお客さん向け、不動産屋さんと付き合うためのノウハウマガジン

『不動産屋さんに行く前に!』
――物件じゃない!いい営業を見つけなさい――

第35回 不動産物件探しのノウハウ、2003年の最終回
さあ、はじまり、はじまり!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<今週のテーマ>

  ★いい営業マンを探すのが、ネットの目的

(1) インターネットで売れるもの
(2) ぱくっと食いつくしかなかった不動産会社
(3) 便利だからインターネットを使っている?
(4) インターネットの本当の価値

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


いよいよ、今週号で今年も最後となります。
35回ですか・・・・・それなりにがんばったかな?

ということには、関係なく^^
かなり好評なので、先週の続きの前振りをやらせていただきます。
(最近本文より好評なので、ちょっと複雑)

大学時代空手道部だった自分は、いろいろなバイトをしましたが、そんな中で危険な
バイトが2つありました。

そのうちのひとつは、先週もお伝えしたプロレスの警備なんですが、今週はもうひと
つのバイト、コンサートの警備、それも矢沢永吉のコンサートの警備について紹介し
ます。

「いいかみんな、絶対殴ったらだめだぞ。まず、これをよく読め!」
と、バイトに指示する警備のリーダーが、壁にかけてある【警備上の注意】というポス
ターを指差しました。

(殴るなっていいながら、なんであんなに拳を握り締めてるんだろう?)

既に、他のアーティストの警備などで、コンサート警備をよく知っている自分たちに
とって、そのリーダーの気合は不可解なものでした。

しかし、今から考えるとそれもそのはず、当時(20年前)の矢沢ファンは、とっても
若くて、生きがよく、会場である武道館の周辺は、たぶんアルカイダでも遠慮しそう
な空気が漂っていました。
(今では考えられないでしょうが、暴走族が団体できていました。旅行会社のガイド
のように、旗をもったやつが会場への通り道に立っていて、そいつの周りに仲間が
集まってくる・・・・そんな人だかりがいくつもある、一瞬即発の状況です。)


いつものことですが、我々は一番危険だと思われる場所の警備をします。
そのときはアリーナでした。(アリーナとは、舞台の前)

舞台と観客席の間には、10メートルくらいの間があり、その先に鉄格子(プロレス会
場にあるやつと同じ^^)があって、我々はその鉄格子を守って、観客が舞台に殺到
するのを防ぐわけです。

(それにしても、この10メートルは広すぎないか?)
その広さが何を意味するのかを知るのに、それほど時間は掛かりませんでした。


コンサート開演!

一番前の連中と、正面きって立っているんですが、そりゃもう、狂ってる連中ばかり
です。

そして、いよいよ・・・・・

永ちゃんのコンサートのお決まり!
♪ルイジアナ!!!!!!  バーーーンと舞台の両側で爆発!

ワーーーーーと一気に会場は盛り上がり、そして鉄格子に観客が殺到。
その鉄格子を必死に抑えて、耐える自分たち。

「ボコッ、ボコッ、ボコッ」3発けられました(顔)、「ガンッ」今度は鉄格子を持つ手を
けられました。ひるんだところへ、「ボコッ」また顔へ足蹴りが一発(我々を殴ったり
蹴ったりするのを目的として、殺到しているやつらが多数)

とうとう、鉄格子を離した自分は、よろよろと後ずさりします。

「なにやってんだ、鉄格子から離れるな!」後ろで控えてるリーダーが叫びます。
「入ってきたらなにやってもいいから、とにかく守れ!」

(入ってきたらなにやってもいい・・・)


♪テーーーネーーシィーーー!!!!!!
さらに盛り上がり、興奮した観客が今度は本気で舞台までたどり着こうと、ダイブして
きます。(アメフトのタッチダウンを狙ったダイブとおんなじ)

5メーターほど左側に、一人の不良が飛び込んで来て倒れました。

このとき不思議と「まずい」とは思いませんでした。
自分の心に浮かんだ言葉は「しめた」でした。

その心もようは、隣で鉄格子を守っていたやつも同じだったようです。彼と自分は
ほとんど同時に、その不良に駆け寄り、「ガンッガンッ」と踏みつけ、弱ったところを
髪の毛をつかんで押さえつけます。まわりを見回すと、また一人飛び込んできます。

そこへリーダーがすっ飛んできて、(一回けった後)襟首を捕まえて舞台の袖の方
へ、引きずっていきます。すぐに自分たちは次のターゲットに向かっていきます。

飛び込んできたやつを、踏みつけたり、押さえ込んだりしていると、リーダーがやって
きて、襟首を捕まえて(一回けった後)舞台の袖に連れて行く、
というのを繰り返して・・・・


♪さーらーばなーーーつよーーー
コンサート終了。


まわりを見てみると、鼻血を出したやつ、靴を脱いでいるやつなど、
(空手は、はだしが基本)
それぞれですが、みんな充実した顔をしています^^)

気のせいか戦いの相手であった観客たちも、すがすがしい顔をしている気がします。

やっぱり思いっきり何かをした後っていいなー。
そんな風に思ったのを思い出します。

それが何の役にたったの?と聞かれると、返す言葉はありませんが^^)
とにかくこんな人になりました。

みなさまいかがお過ごしだったでしょうか?
1週間のご無沙汰です、金丸です。

さあ、行きましょう、今年最後の不動産屋さんに行く前に!
インターネットで不動産探し、はじまり、はじまりーーー


★ まずは先週までのおさらい

不動産屋さんのホームページを探す場合、YAHOOのキーワード検索窓に、
地域+不動産とか、賃貸とかの言葉を打ち込んで、検索ボタンを押しますが
YAHOOはいったん登録されてしまうと、そのまま削除されることがないので、
古くから更新されていないホームページがたくさんある。

そんな時、右上にあるページをクリックして、グーグル(Google)でも紹介されている
ホームページを見ると、新しい物件をきちんと載せている
(ふるい物件をきちんと削除している)不動産会社であることが多いですよ。

ということでした。


■ インターネットで売れるもの


いろいろな業界で、インターネットの普及が進んでいますが、こと商品の販売という
ことに絞って見ると、有る3つのカテゴリーしか成功していないことがわかります。

それは、AVビデオに代表される「買いにくい商品」
そして、地方の特産品に代表される「手に入れにくい商品」
そしてもうひとつ、「たくさん説明して売らなければならない商品」です。

もちろん不動産物件を探している皆さんにとって、ホームページを立てている
不動産会社は、3つ目の「たくさん説明して売らなければならない商品」だと考えて、
インターネットを利用してもらわなければなりませんが、
それをわかっている会社は多くありません。


■ ぱくっと食いつくしかなかった不動産会社


この、しっかり説明して部屋を紹介したり、家を紹介したりする感覚がなかなかない
のは、今までのながーーーーーーーーーーーーい、不動産業界の経験に起因して
います。(不動産屋さんばっかりが悪いわけではないと思います。お互い様です)


皆さん、不動産屋さんで言われている、この言葉をご存知でしょうか?

「午前中の客には気をつけろ」

これは、午前中にお客様を案内しても、午後には他の不動産会社にいって他の物件
を見るに決まっている。だから午前中に案内しても決まらないことが多い、
ということを表す言葉なんですが、実際そうではありませんか?

午前中に限らず、1社の不動産会社にしか行かないのは、何だか不安・・・・
もしくは損したような気になってしまいませんか?

不動産会社もそんなお客様の心理を知っているから、とにかくその場で、
早く決めようとしていました。
(たとえ各社が同じ物件を紹介したとしても、最後の会社で決めるお客さんばっかり
なんだもん)

こんなふうに、いつでもとにかく逃さないで決めようとするためのトークに、
「早く決めないと、他のお客さんが決めちゃうよ!」とか
「別にこの物件に興味を持っているお客さんがいるんだけど、ひとまず手付けでも
打って抑えておかないと・・・・」というものがあります。

ところが本当にそういう場合もたくさんあるんですね、本当だったり、
うそだったりするから困るんですよ・・・・

* 一般的に不動産会社から見ると、新築の売買物件を探しているお客様は
「ほしくて、ほしくて仕方がない」お客さんに見えます。
(なかなかお客さんは気がついていませんが)
そんな、お客さんにかぎって、「早く決めないと」といわれて、契約した後で、
「だまされたかも」と不安になるものです。

実際うそばっかりの会社があるのも(少しは・・)、否定はできませんが・・・・・
下記参照

第4回 仲介手数料半額の罠(その1)
http://www.saranari.net/melma/0004.htm
第5回 仲介手数料半額の罠(その2)
http://www.saranari.net/melma/0005.htm
第18回 デベロッパー残酷物語(その3)
http://www.saranari.net/melma/0018.htm



■ 便利だからインターネットを使っている?


さて、インターネットを使って物件探しをする皆さんは、
「物件がたくさん見れてうれしい」から、インターネットを使っているんでしょうか?

違いますよね。

「家や職場にいながら物件探しができて便利」だから
インターネットを使っているんでしょうか?

「そうです」と答える方がたくさんいると思うんですが、果たしてそうでしょうか・・・・
最後まで物件を見ないで決めるなら、それもありかとは思いますが、
本当に便利なツールでしょうか?

皆さんはほとんどの場合、物件を見てそれから契約をするはずです。
結局不動産会社に出向いて、内見に同行してもらうはずなんです。

そして、その場で不動産会社の営業さんや社長さんにこう話しかけるはずです。

「あなたはこの物件をどう思いますか?」

それは、地域としていいのか、まわりの物件とくらべて損はない値段なのか、
他にもっといい物件はないのか、などを確かめたいからだと思います。

つまり最後の最後の場面では、
プロとしての不動産屋さんの意見を求めている自分がいるはずです。


■ インターネットの本当の価値


結局不動産屋さんに出向いて、物件を紹介してもらう・・・・
最後にプロとしての意見を聞いてみたい・・・・・
そのためには、信頼できる不動産屋さんでなければ・・・・・

もちろんいい物件を紹介してもらわなければ、話にはなりませんが、
レインズという不動産物件情報データベースがある今、
基本的にどの会社でも同じ物件を紹介することができます。

第24回 レインズ実質公開
http://www.saranari.net/melma/0024.htm

* レインズは大家さん、オーナーさんから物件依頼をされたら、数日以内に登録
することを義務づけられている、国土交通省の肝いりで作られた非公開
(不動産会社しか見れない)
不動産物件データベースです。本来、日本中で運用されているはずですが、
実質関東地区以外は、あまり登録物件がないため、今回の話は関西、東北では
まだこれからです。しかし、関西や東北でもチラシ業者や冊子業者がアナログで
同じ状態を作っていますので、基本的に「どの会社でも物件を扱える」状態は
変わりません。

だから、
インターネットを使って部屋探し、家探しをする場合、本当はどんな会社なのか、
どんな人たちが働いているかを調べることができて、
信頼できるプロが見つけられたほうがいいんです。


そしてそのために、ホームページがあるべきなんです。

ということで、来年はホームページのどこをどんな風に見れば、
不動産会社のことがわかるのか、
どんなアプローチをするのが効果的なのか、を紹介していきたいと思います。

いよいよ佳境に入る、不動産屋さんに行く前に!の
新年第1号は1月第2週発行です。
それでは皆さん、よいお年をお迎えください!


●今日の結論

☆ インターネットで物件探しをしているあなた。
本当は便利だからインターネットを探しているわけではありません。
ネットはそれほど便利ではない上、不動産物件は実際に不動産会社に行って、
一緒に内見して契約するものです。

だから、ホームページを見るとき、物件情報だけではなく、その会社はどんな会社
なのか、どんな営業さんがいるのかを気をつけて見るべきです。


このメルマガはバックナンバーを公開しています。
バックナンバーはここから
http://www.saranari.net/melma/backno.htm

【相互広告募集中】
メルマガ発行者の皆さん、よろしかったら相互広告しませんか?
ご希望の方は、35文字×5行程度の広告文を送ってください。
kanemaru@ring-and-link.co.jp
お待ちしております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

インターネットを使って物件を紹介できる不動産会社は
まだまだ多くはありません。
そんな中、全国のインターネット対応の不動産会社が集まったサイト
それが【さらなりドットネット】
全国のインターネット不動産会社があなたのエージェントとして、
一生懸命相談に乗ってくれます。わからないことがあったら、
まずはメールで問い合わせてみてください。
http://www.saranari.net

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
どんな些細なことでもお便りいただけると本当にうれしいです。
励ましのつもりで送って下さい。
(時々質問を取り上げさせていただく時があります。
匿名で掲載しますが、問題の有る場合は一言付け加えてください)

あなたのメールを首をながーくしてお待ちしております。
下記アドレスまでどうぞ!
kanemaru@ring-and-link.co.jp

ちなみに苦情は受け付けておりません(^^)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【発行元】リングアンドリンク株式会社
359-0027 埼玉県所沢市松郷151-51
TEL:042-946-5171
FAX:042-946-2663

【発行責任者】 
インターネットビジネスコンサルタント
金丸信一 Shinichi Kanemaru
ご意見・ご感想:kanemaru@ring-and-link.co.jp
HPはここhttp://www.saranari.net
メルマガの登録解除はこちらから
http://www.saranari.net/melma/touroku.htm

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今週は2000名もの方に読んでいただきました。
みなさま ほんとに ほんとに ありがとうございます。

【編集後記】
「減量作戦29週目の結果」
減量開始時 体重84、9kg 体脂肪率 28.5%
現在 体重74,5kg(-10、4kg)体脂肪率23、5%(-5%)
(新型ヘルスメーターをもらいました。祝!その効果です。どうもありがとう!)

今年もクリスマスがやってきました。
いつものことですが、繰り返すイベントがあるたびに、いろいろな苦労を
思いだします。

ワールドカップを見ると、「あーこの前のワールドカップの時は、
あんなことがあったんだよな・・・・大変だった」

オリンピックを見ていると「あー岩崎恭子さんが金メダルを取ったときは、
先行き真っ暗だったよなーー」
なんて風です。

もちろんクリスマスの時も同じように、つらかったこと、苦労したこと、
それぞれの年に、それを克服できない自分のふがいなさを嘆いていた
ものでした。

いま、なんでこんな風に思うかというと、会社の窓から外を見てみたら、
前の会社が飼っている犬が昼寝をしているのを見たからです。

(犬になりたい・・・・・)

何度そう思ったことでしょう。

(猫になりたい・・・・・・・)

これも何度も思いました。

犬や猫になれば、納期がない、トラブルがない、資金繰りがない。
「おまえはいいよなー」と何度、昼寝をしている犬に語りかけたことでしょう。


昔子供をつれて、動物園に行ったときも。

(サルになりたい・・・・・・)

そう思いながら、サル山を見ていたものです。
(父親としてそんなことでよかったのだろうか?という疑問はのこります)

いい思い出がたくさんあってそれを思い出す、
なんてまったく考えられない自分がいるんですが、
一方でつらい思い出ばかりが浮かんでくるのは、実はいやなことではありません。

そんな時代を乗り切ったという、充実感なんでしょうか・・・・

たぶん、楽しいこと、うれしいことがたくさん積みあがったとしても、それはそれ。
つらいこと、苦しいことがたくさん積みあがった先に、
「幸せ」みたいなことがある気がするからなんでしょうね。

犬になりたかった、猫になりたかった、サルになりたかった自分が今、
何とか世の中で必要とされているかもしれない・・・そう思える気がする師走です。
(それで十分)



「金丸さん、どんな風にご紹介しましょうか?」ほんの一言の挨拶のために、
わざわざ司会の方が聞いてくれました。

「脅威の営業マン、業界ではハイエナとさえ言われたこともある、
知識や地位がなくても、やればできる、を実践している若手経営者です。」
なんて、どうですか?

「それいいですね。じゃーそれで行きます。」
ちょっと照れくさいけど、まあいいかと思って、紹介を待ちました。

「では、次に挨拶していただくのは、脅威の営業マン、
業界では【ハゲタカ】とさえ言われ・・・・・・・・・」

確かに、すでに【ハゲ】タカにはなっていました。そんな師走です・・・・・・

Copyright(c) 2004 Ring and Link co.,ltd. All Rights Reserved

バックナンバートップへ戻る
メールマガジン
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?