トップ >> メールマガジン >> メールマガジン「不動産屋さんに行く前に」バックナンバー

メールマガジン「不動産屋さんに行く前に」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



日本で始めてのお客さん向け、不動産屋さんと付き合うためのノウハウマガジン

『不動産屋さんに行く前に!』
――物件じゃない!いい営業を見つけなさい――

第42回 不動産物件探しのノウハウ、さあ、はじまり、はじまり!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


<今週のテーマ>

   ★ホームページから会社を知る(その6)

(1) なぜホームページを開設するの
(2) ホームページは集客のため
(3) 不動産会社の社員教育(賃貸編)
(4) 不動産会社の社員教育(売買編)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



20才の頃から何十回も読み、自分にとても大きな影響を与えた本があります。
それは、カミュの「シューシュポスの神話」という本です。

カミュは、フランスの新聞記者出身の作家なんですが、生涯「不条理」という
テーマで作品を書いています。

不条理って「合理的でなく、答えが出ず、ナンセンスなんだけど、価値がある」
と自分は考えてるんですが・・・・・・

『シューシュポスの神話』

昔むかし、神話の世界のころシューシュポスという男がいました。
彼は人間の中で、もっとも聡明でたくましい男だったんですが、
その行動は神々の怒りを買うことばかりでした。

神々は何度も許されるチャンスを彼に与えたのですが、シューシュポスはそのたびに、
神たちを裏切り、とうとう地獄に落とされ、罰を受けます。

シューシュポスが課せられた罰は、大きな岩を山の頂まで運んでいくことでした。

ですが、その大きな岩は、山の頂の近くに来ると、岩自体の重みでふもとまで
転がり落ちてしまいます。

毎日毎日精一杯の力で、岩を押し上げ山を登っていくシューシュポス。
しかし、やはりいつも山の頂近くに来ると、岩はその重み自体に耐えられなくなって、
ふもとまで転がり落ちていく・・・・・・

転がり落ちていく岩を見つめながら、シューシュポスはまたふもとに向かって、山を
降りていきます。

そんなことを繰り返しているうち、山を降りている時にシューシュポスの心に「悦び」の
感情がわきあがります。

この強烈にして、自分ではどうしようもない責め苦、そして何時果てるともわからない
その真っ只中で、彼はまた明日、岩を持ち上げることに悦びを見出すのです。

それは、明日また努力できる悦びでしょうか?
それとも、こうしているだけで生きていけると悟ったからでしょうか?

たぶん違います。

彼は結果の出るはずのない努力を繰り返す自分が「これでいい」と
心から思えたことに悦びを感じたのです。

(神話は細かいところまで語ってはくれません、最後は自分で考えましょう)

皆さん、いろんなつらいこと、苦しいことがあるでしょうが、言って見ませんか?
「全てよし!」と・・・・・・・

こんにちは!
淋病から哲学まで語る、暴力不条理人間金丸です。

さあ、今週も元気に行きましょう。
不動産屋さんに行く前に!インターネットで物件探し、はじまり、はじまりー



■先週のまでの話


最近は不動産屋さんのホームページも、たくさん見かけるようになりましたが、
一切費用を掛けないで始めた、ホームページもたくさんあります。

そんな会社はメールアドレスが、www.000000000.co.jp
ではなく、www.他社の名前/自分の会社の名前.co.jp
見たいなメールアドレスなんですぐわかるのですが、

そんな会社に限って、問い合わせをすると独自メールアドレスではなく、
無料メールアドレスを使ったりします。

独自メールアドレスとは、自分の会社名と自分の名前が入ったメールアドレスですが、
無料メールアドレスには、他社の名前が載っています。

お客さんに対して、自分の会社名や自分の名前を明かさない営業なんて
信用できませんよね・・・・

だから、ホームページを見るとき、まずはURLをみて、
自社メールアドレスであるかを確認しましょう。

ということでした。

==================================

☆お勧め不動産屋さん紹介☆

このメルマガでは、一切有料広告は扱っていませんが、読者の皆さんのリクエストに
答えて、自分が知っている良い不動産屋さんを、毎回いくつか「勝手に」紹介します^^

今週は東日本が中心です。
茨城県は水戸の「アフターホーム」さん
http://www.afterhome.co.jp/
(とにかく元気、水戸で最初にホームページを使った不動産業を成功させた会社です)

東京は市ヶ谷にある「市ヶ谷不動産」さん
http://www.ichigaya.co.jp/
(社長元気ですか?きっぷのいい女性社長ですが、市ヶ谷周辺ならお任せです)

もう一丁東京は武蔵境の「スマイルネット」さん
http://www.e-smilenet.co.jp/
(朝倉社長さんは、とても一生懸命仕事をする、ちょっとお茶目な不動産屋さん)

さらに東京は国分寺「リョウシンホーム」さん
http://www.ryoshin-home.co.jp/
(とーーーても長い付き合いの会社さんです。
仕事に手をぬかないので、怖そうに見えますが、元トランペット奏者。
ここのお客さんは、本当に幸せだと思います。)

今日の東京のトリを勤めるのは、府中の「エステート三松」さん
http://www.mimatu.co.jp/
(電話してみるとわかりますが、とーっても対応のいい会社です。)

最後に神奈川で一社
本厚木の「倉敷」さん
http://www.kurashikinet.co.jp/
(強引な営業は絶対したくないって、しみじみと自分に語っていた社長さんです。
名前の倉敷はふるさとの名前、本厚木とは関係ありませんが、ベテラン不動産屋
さんですので、安心してお任せできます。厚木周辺の物件探しはここへどうぞ)

==================================


■なぜホームページを開設するの?


皆さん不動産屋さんが、インターネットを始めたいとなぜ思うか知っていますか?
なぜホームページを開設しようと考えると思いますか?

そうです。
お客さんに、たくさん来てもらうためです。

前提として、「去年より段々来店するお客さんが減っている」とか「近くに大手不動産
FCが進出してきて、こっちも何とかしなければならない」なんて状況が一般的です。

不動産会社もビジネスですから、当然ですが、実はホームページって開設した後、
ほとんどが二つの方向に分かれていきます。


■ ホームページは集客のため


ひとつは、徹底的にお客さんを獲得することを意識していくパターンです。
そのパターンの会社は集客のために、たくさんのアクションを起こします。

たとえば、インターネットで有料広告を打ちます。
(バナー広告、アフリエイト広告、アドワーズ広告などなど、普段チラシなどを撒くのと
同じ感覚で広告をするんですね)

どんな広告を打ってもいいんですが^^、このタイプの会社の場合
基本的に店頭に行けば、従来のアナログ接客となんら変わりはありません。

さて不動産屋さんの従来のアナログ接客って、なぜあんな風かというと・・・・・・


■ 不動産会社の社員教育(賃貸編)


あけぼの不動産の緒方社長が、若手営業マンに朝礼で指示を出しています。
毎日毎日同じ話をしていました・・・・

「いいかお前ら、ぬるいことやってんじゃねえよ。賃貸部の牧瀬!お前なんでその日に
決めないんだ。賃貸のお客さんなんて、その日に決めなきゃ決まる分けないだろ!

案内してそこで強引にでも決めなかったら、他に行くに決まってんじゃないか!
不動産物件なんて、結局同じ物件なんて無いんだから、どこで決めたって結局一緒、
比べられないんだから・・・・他の会社にいったって、結局同じように強引に決めれれ
ちゃうんだから、同じなんだよ・・・・そうだろ牧瀬」

「は・・・い」

「ナンパと同じなんだよ、いいか若い頃俺が渋谷でナンパしていると、女の子がかわ
いそうじゃないかっていうやつがいたけど、結局俺がナンパしなけり他の誰かに
ナンパされるんだよ、結局同じ、お客さんだって同じなんだよ。
それならうちの店で契約してもらったほうが、まだどこの馬の骨かわからない会社で
契約するよりましだろ・・・そう思わないか牧瀬」

「は・・・・・・・い。でもできれば、気持ちよく契約してもらえないかっておもって、あまり
強引にはしたくないなって・・・・それで、それほど強引にはしていないんです。」

「ばっかじゃないか、お前!そんなことして他の店に行ったら、それこそ強引に決め
られちゃうじゃないか・・・で、あの店の牧瀬さんは、いい人だったわ。って言われる
だけでおまえは満足なのか、えーーー牧瀬」

「い・・・え、そんなことは・・・・」

「だろー、結局強引にでもその日に決めなけりゃ、他の店の引き立て役でしかないん
だよ。とにかく、店に入ってきた客はすぐ決める、そのつもりで接客しろ」

「は・・・・い」


■ 不動産会社の社員教育(売買編)


「売買部の富元、お前もだよ、売買のお客だって来店したら2週間以内に、見込みに
しなけりゃ決まるわけないだろ!お前ちんたら、ちんたら、2ヶ月も経ったお客を面倒
見るより、今日来た客を2週間で決めるよう営業しろよ!」

「は・・い」

「売買のお客は儲かる客なんだから、それこそ他の店ではしつこく営業してるんだぞ。
マンション希望のお客の場合、モデルルームなんか行った日にゃ、夜討ち朝駆けで
営業かけるのは常識だろう!そんなことお前だって知ってるだろ」

「は・・・い、もちろん」

「だったらなんで、すぐ営業掛けないんだよ、しつこいって怒るくらいでちょうどいいん
だよ!いいか売買物件を探している客は、探しているうちにほしくてほしくてたまらなく
なって来るんだ。

そのほしくてほしくてたまらなくなるのは、いい物件が目の前に出て来たときじゃない、
探しているうちに自分の新しい生活を想像して、新しいベットに寝てる自分、新しい
ダイニングでくつろぐ自分、春の日差しを浴びながらベランダでくつろぐ自分・・・・・

そんなことを想像しているうちに、ほしくてほしくてたまらなくなるんだ。
つまり物件なんて関係ない。そんなときに目の前にいれば、契約取れるんだよ。
嫌がられたって、目の前にいなけりゃ契約は取れないんだよ、わかったか富元!」

「は・・・・い、これからもう少し強引にします・・・・」

「あったり前なんだよ。何でいまさらこんなこと毎日言わなけりゃならないんだよ。
まったく情けないったらありゃしない・・・」

緒方はそういって、いつもの朝礼を終わった。しかし、去年に比べて契約数が減って
いるのは明らか、何かが間違っている予感は感じていた・・・・・・・

(来週に続く)

==================================

【今週の、どうしても紹介したい不動産会社】

先週URLを間違えてしまいました・・すいません。そこで今週は2社紹介します。

仙台駅前のエンタツビルって知っていますか。
そこにある「エンタツ」さん
仙台に行く機会があると、おたずねしますが、大変誠実で、
その上一生懸命ご商売をされている不動産会社です。
http://www.sumai-ru.net/

仙台周辺の大学向け物件から、売買までたくさん取り揃えていますので、
どんな相談にも答えられると思います。

そしてもう一社、青森は青森市の「不動産ライフ」
中村さん元気ですか^^
とってもお世話になった不動産プランナーです。
青森で買うのも、家を作るのも、部屋を借りるのも、
ここの中村さんって人に相談してください。絶対おすすめです。
http://www.life2001.co.jp/

両社とも金丸が言っていたって名前出していいですよ!
==================================



● 今日の結論

☆ 不動産会社がホームページを始める目的は集客のためである。

☆ しかし、運営していくと2つの方向に分かれていく

☆ ひとつは徹底的に集客をおこなっていく会社、しかしそんな会社の場合は、お店
に行くと、昔と全然変わらない接客をされる。


このメルマガはバックナンバーを公開しています。
バックナンバーはここから
http://www.saranari.net/melma/backno.htm

【相互広告募集中】
メルマガ発行者の皆さん、よろしかったら相互広告しませんか?
ご希望の方は、35文字×5行程度の広告文を送ってください。
kanemaru@ring-and-link.co.jp
お待ちしております。

今週一気にお返事差し上げます。申し訳ありませんでした・・・

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

インターネットを使って物件を紹介できる不動産会社は
まだまだ多くはありません。
そんな中、全国のインターネット対応の不動産会社が集まったサイト
それが【さらなりドットネット】
全国のインターネット不動産会社があなたのエージェントとして、
一生懸命相談に乗ってくれます。わからないことがあったら、
まずはメールで問い合わせてみてください。
http://www.saranari.net

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
どんな些細なことでもお便りいただけると本当にうれしいです。
励ましのつもりで送って下さい。
(時々質問を取り上げさせていただく時があります。
匿名で掲載しますが、問題の有る場合は一言付け加えてください)

あなたのメールを首をながーくしてお待ちしております。
下記アドレスまでどうぞ!
kanemaru@ring-and-link.co.jp

ちなみに苦情は受け付けておりません(^^)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【発行元】リングアンドリンク株式会社
359-0027 埼玉県所沢市松郷151-51
TEL:042-946-5171
FAX:042-946-2663

【発行責任者】 
インターネットビジネスコンサルタントwith不動産
金丸信一 Shinichi Kanemaru
ご意見・ご感想:kanemaru@ring-and-link.co.jp
HPはここhttp://www.saranari.net
メルマガの登録解除はこちらから
http://www.saranari.net/melma/touroku.htm

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今週は3500名もの方に読んでいただきました。
みなさま ほんとに ほんとに ありがとうございます。

【編集後記】
「減量作戦36週目の結果」
減量開始時 体重84,9kg 体脂肪率 28.5%
現在 体重74,9kg(-10kg)体脂肪率22、5%(-6.0%)


『ダイエット指南その6』

==================================
健康コンサルティング「イナッフ」
http://www.enh.co.jp/top.html
化学出身の前迫先生と、助手のクリスティーナが、なんで太るのかを、理論的に
紹介してくれます。ちょっとだけ高いけど、目からうろこの、健康コンサルティングです。
==================================

「前迫先生あっしは若い頃、太らないのが悩みだったんですよ。
それがどうして、こうも太る体質になっちまったんでしょかね。」

「あーそれは、簡単なことです」

「また、簡単なことですかい」

「細胞って基本的に、栄養分をためておこうとするじゃないですか、たとえば食べ物が
なくなったときなんかに備えている、動物的な防衛本能って言うのかな」

「らくだみたいなもんですね」

「まあそう、らくだのこぶみたいに、細胞自体が栄養分を蓄えるんですが、その蓄える
場所が大きくなれば、太る体質になったって言うんです」

「そりゃ、いってぇ、どういうわけですかい」

「つまり、蓄える場所が小さけりゃ、それ以上蓄えられない栄養は、吸収せずに
体外に排出してしまう。つまり食べても食べても太らない体質になるわけです。」

「てぇことはです、せんせい、あっしは細胞自体がデブで、がめついってことですかい」

「まあ、そういうことになるかもしれません。ところで、今日はなんで、そんな口調なんで
すか?」

「浅草演芸ホールで落語をみてきたんでさぁ、で先生、どうすればその、がっついた
デブな細胞を、セレブ(上品)で、スリムな細胞にできるんですか?」

(最終回へ続く)

【本当の編集後記】

やっと、激烈な2月が終わります。
あったかくなっても来たし、来月の北海道は久々に楽しみです。(もちろん仕事^^)
そういえば、3年前まで当社には函館事業所というのがあって、毎月函館にいって
いました。函館に行くと必ず金山倉庫というところで食事をしたんですが、本当に
おいしかった。(じゃがバター)

バックナンバートップへ戻る
メールマガジン
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?