トップ >> メールマガジン >> メールマガジン「不動産屋さんに行く前に」バックナンバー

メールマガジン「不動産屋さんに行く前に」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



日本で始めてのお客さん向け、不動産屋さんと付き合うためのノウハウマガジン

『不動産屋さんに行く前に!』
――物件じゃない!いい営業を見つけなさい――

第45回 不動産物件探しのノウハウ、さあ、はじまり、はじまり!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


<今週のテーマ>

   ★ホームページから会社を知る(その9)
         「あけぼの不動産と杉山不動産」(その4)

(1) 更新に追われる日々
(2) それから一ヶ月
(3) 抜け道
(4) 決まらないお客さま


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



新年などに大手企業でよくおこなわれる賀詞交換会で、社長の横に秘書の方が
名刺入れを持って立っていて、そこに下請企業の社長さんたちが、名刺交換を
するためにずらーーーと並んでいる場面を若い頃からよく見ました。

パーティなどでも、有名人の周りには人だかりができて、みんなお話をしたいようです。

でも、そんなちょっとした挨拶や、名刺をもらったところでなんになるんだろうか?
電話ひとつできない人間関係を、自慢げに他人に語るものではないだろう・・・・・
と、ずっと自分は考えていたために、一回も並んだことはありません。

「そんなことでいいの?」といわれたこともありますが、「いいんだ」と答えていました。


6年前のある会合は、今から考えると随分すごいメンバーでした。(今でもやってます)
現在のスクエアの社長(当時デジキューブの社長)や、楽天の三木谷さん、YAHOO
を立ち上げた孫さんの弟(泰蔵さん)などが参加された30名ほどの会合です。

この頃はYAHOOを初めとしたソフトバンク全盛期の寸前でしたので、その他の
すごいメンバーがいたにもかかわらず、孫さんの弟さんが一番人気でした。
(弟さんはこの翌年には三菱商事と会社を立ち上げた、YAHOOを実際に作った
数名のメンバーの一人です)

人気の孫さんを眺めながら、
(別に名刺交換しても電話できるわけじゃないし・・・少しくらい話しをしたって・・・・・)
なんていつものように考えていたとき・・・・・・頭の中で何かがスパークしました。

【以下スパークした内容】
気心の知れた仲間たちが、話している場面の想像

ある仲間がこう話を切り出します。
「俺よーYAHOOを作った孫さんと、話ししたことあるんだぜ」
「本当か!すげー」(一同ビックリ)

「何言ってるんだよ、俺なんか名刺も持ってるんだぜ!」
「えーーーそりゃもっとすげー」(一同驚愕)

「ふっふっふっ」
「どうしたんだよ金丸、なんか不気味だな」(一同注目)

「俺なんかよーー孫さんのチン0見たことあるんだぜ!」
「そりゃ、信じられない!すげー」(一同尊敬)

【以上スパーク終了】

どうしていつも、こんなこと思いついちゃうんでしょう・・・・・

それから孫さんがトイレに行くのを見張っていたのは、いうまでもありません。
そして、しっかり一物を拝見させていただいて、みんなに話そうとしたんですが、
誰も聞いてくれません・・・・・・・・・・(やっぱり、尊敬されないのね?)


皆様こんにちは、なんでも鑑定団 所沢支部 肉体担当の金丸です。
(ちなみに、その後孫さんとは仲良くしてもらいました、金丸さんとはいっつもトイレが
一緒になりましすねー^^といってくれた孫さん、あなたは立派な人だ!)

さあ、まじめに、まじめに、今週も行きましょうか!
不動産屋さんに行く前に!インターネットで物件探し、はじまり、はじまりー
(今日の話で、女性読者が減るのを恐れながら行きます・・・・)


■先週のまでの話


あけぼの不動産のネット担当者になった牧瀬は、悪戦苦闘しながらホームページの
運用を始めた。

始めはそれまであったホームページを改造しようと考えていたが、専門業者の
作ったものは、かっこいいんだけど、どうやっていじればいいのかわからない、
仕方なく緒方社長の了解を取って、はじめから作りなおすことにした。

一ヶ月かかって、やっとのことでホームページを作り上げた牧瀬だったが、
物件掲載エリアが広すぎて、更新しようとすると、ものすごく時間が掛ってしまう。

仕方なく緒方社長に「エリアを狭めてもいいですか」と交渉したが、
「お客が減る!」の一言で一蹴されてしまう。


==================================

☆お勧め不動産屋さん紹介☆(読者からの質問にあった、エリアにある会社さんです)


千葉県 松戸周辺の売買物件なら
「パークヒルズ」さん
http://www.parkhills.co.jp/
とっても話のしやすい社長さんです。当社のスタッフが大好きな会社です。

千葉県 柏の売買物件なら
「柏ファミリー住宅」さん
http://www.kashiwa-family.co.jp/
ここの社員さんに辻さんって方がいるんですが、仕事できます。
(社長もキャラたってる頼りになる人です)

千葉県 我孫子の売買物件なら
「宝山不動産」さん
http://www.takarayama.co.jp/index.html
我孫子に特化した会社ですので、情報がとっても濃い!その上不動産協会では、
苦情処理などの責任者ですので、本当に皆さんの味方を普段からやっている会社
です。


==================================


■更新に追われる日々


あけぼの不動産の賃貸部門の人数は全部で4名、管理業務と経理を担当するパート
さんが二人いるので、実質2名でお客さんの案内をする。

それなのに、ホームページ上の物件エリアは30駅もあった。
ホームページビルダーを使った物件の更新は1日10件が限度で、
牧瀬はそれさえも夜の10時までかかっていた。

30の駅の物件更新が1日10件ということは、ほとんど物件は更新されていないと
いうことであり、そのせいか問い合わせは、いつまでたってもほとんどなかった・・・・


■ それから一ヶ月


まったくメールでの問い合わせがない日々が続き、緒方社長からのプレッシャーは
日増しに激しくなっていった。

そんなプレッシャーの中で物件更新を続ける牧瀬は、杉山不動産のホームページを
見ていて、あることに気がついた。

杉山不動産のホームページには3つの駅しか掲載されていないのだが、
その物件情報のほとんどに、写真が掲載されていることだ。

(そうかこれだ、俺は物件の更新ばかりに気をとられて、写真を載せることまでは
気がつかなかった。)

よし、写真を載せよう!と思った牧瀬だったが、ここで困ったことに気がついた。

社長の緒方から厳命されている、エリアは絞るなという指示である。

何しろエリアが広くては、写真なんて取っていたら、それこそ時間がなくなって、
1軒も物件更新できなくなってしまう・・・・・・・・・・

牧瀬はじっと考え込んでしまった。


■ 抜け道


次の日から牧瀬は、デジカメを持って物件写真を取りに走った。
牧瀬は緒方に怒られないで、物件写真を掲載する方法を思いついたのだ。

それは、30の駅の物件をホームページ上で紹介するのは変わらないが、写真を
載せるのはお店の近くの物件だけでいいと決めてしまうことだった。

もともとエリアを狭めようとしていたんだから、遠くの物件に対して問い合わせが
なくたって、そりゃいいじゃないか・・・・

そうきっぱりあきらめをつけてしまえば、何のことはない。

その上、社長の緒方には、エリアを狭めたなんていわれないし、そうだこの際だから
遠くの物件は更新しなくたっていいじゃん、あきらめちゃおう!
・・・そうか最初からこうすればよかったんだ。

牧瀬はこれで少しは更新が楽になる上、問い合わせが増えそうだと、
内心鼻高々だった。


■ 決まらないお客さま


そしてさらに1ヶ月が過ぎた。

写真の効果は随分あったようで、だんだん問い合わせメールが来るようになった。
牧瀬はメールに物件情報をつけて返信する。

そして、そのお客さんが来店して、内見にまで持ち込めるようにもなった。

ところが、なぜか決まらない。
飛び込みのお客さんより、まるっきり成約率が悪いのである。
牧瀬も一応プロの不動産営業マンである、手を変え、品を変えクロージング(契約)に
もって行こうとするのだが、なんとしても決まらない。

これでは、集客できたとしても何の意味もないじゃないか・・・・・

そして、ある日牧瀬は緒方社長に呼ばれた。

「お前さあ、全然だめじゃない。杉山不動産は成約の70%がネットだって言ったよな。
杉山さんの会社に比べてうちの規模は3倍もあるし、お店はきれいだし、立地もいいし
これで決まらなかったら、何のせいだと思う?」

「・・・・・・・・・わかりません」

「あほかお前、お前のせいだろ、お前の!」

「あっはい・・・・・・」

「いいかあと1ヶ月で成約でなかったら、もうお前はネットからはずすからな」

(牧瀬は内心ちょっとうれしかった)

「あっ勘違いするなよ、会社からも外れてもらうから」

(ひえーーー)

その日の夕方、牧瀬は杉山不動産の杉山社長に電話をした。


(来週に続く)


「あけぼの不動産と杉山不動産」バックナンバー

第42回 ホームページから会社を知る(その6)
http://www.saranari.net/melma/0042.htm

第43回 ホームページから会社を知る(その7)
http://www.saranari.net/melma/0043.htm

第44回 ホームページから会社を知る(その8)
http://www.saranari.net/melma/0044.htm


==================================

【今週の、どうしても紹介したい不動産会社】
(でも紹介されていることを、この会社自身は知らない^^)

東京は国分寺にある「リョウシンホーム」
http://www.ryoshin-home.co.jp/

けっこう長いこと付き合っていただいています。
ちょっと怖そうに見える社長さんですが、以外にも音楽家でもあり、その日記から、
フランクでやさしい人間性があふれています。賃貸、売買両方とも相談できますし、
ホームページには出せない物件(どこの会社でも、特に売買は掲載できない物件が
多いものです)もデータベースには、たくさん用意されています。

==================================


● 今日の結論

☆ 不動産会社の場合、ホームページにたくさんのエリア(駅や地区)があっても、
結局情報が濃いところは一部の地区である

☆ホームページの運用をちゃんとしないと、かえって成約率は落ちる。
(消費者はバカじゃないってことです)

このメルマガはバックナンバーを公開しています。
バックナンバーはここから
http://www.saranari.net/melma/backno.htm

【相互広告募集中】
メルマガ発行者の皆さん、よろしかったら相互広告しませんか?
ご希望の方は、35文字×5行程度の広告文を送ってください。
kanemaru@ring-and-link.co.jp
お待ちしております。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

インターネットを使って物件を紹介できる不動産会社は
まだまだ多くはありません。
そんな中、全国のインターネット対応の不動産会社が集まったサイト
それが【さらなりドットネット】
全国のインターネット不動産会社があなたのエージェントとして、
一生懸命相談に乗ってくれます。わからないことがあったら、
まずはメールで問い合わせてみてください。
http://www.saranari.net

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
どんな些細なことでもお便りいただけると本当にうれしいです。
励ましのつもりで送って下さい。
(時々質問を取り上げさせていただく時があります。
匿名で掲載しますが、問題の有る場合は一言付け加えてください)

あなたのメールを首をながーくしてお待ちしております。
下記アドレスまでどうぞ!
kanemaru@ring-and-link.co.jp

ちなみに苦情は受け付けておりません(^^)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【発行元】リングアンドリンク株式会社
359-0027 埼玉県所沢市松郷151-51
TEL:042-946-5171
FAX:042-946-2663

【発行責任者】 
インターネットビジネスコンサルタントwith不動産
金丸信一 Shinichi Kanemaru
ご意見・ご感想:kanemaru@ring-and-link.co.jp
HPはここhttp://www.saranari.net
メルマガの登録解除はこちらから
http://www.saranari.net/melma/touroku.htm

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今週は3700名もの方に読んでいただきました。
みなさま ほんとに ほんとに ありがとうございます。

【編集後記】
「減量作戦39週目の結果」
減量開始時 体重84,9kg 体脂肪率 28.5%
現在 体重75.1kg(-9.8kg)体脂肪率21、5%(-7%)

先週は税務調査と講演が6回(おいおい)もあり、残念ながら配信を一週間飛ばして
しまいました。皆様申し訳ございません。

さあ、今週からはがんばりましょう、がんばりますよ、がんばるでしょう・・・・・

バックナンバートップへ戻る
メールマガジン
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?