トップ >> メールマガジン >> メールマガジン「不動産屋さんに行く前に」バックナンバー

メールマガジン「不動産屋さんに行く前に」

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



日本で始めてのお客さん向け、不動産屋さんと付き合うためのノウハウマガジン

『不動産屋さんに行く前に!』
――物件じゃない!いい営業を見つけなさい――

第51回 不動産物件探しのノウハウ、さあ、はじまり、はじまり!



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


<今週のテーマ>

   ★ホームページから会社を知る(その15)
         「あけぼの不動産と杉山不動産」(その10)

(1) いきなりの来店客
(2) まめに働く
(3) 会社の意識改革


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


新入社員の歓迎会も一息ついた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
「不動産屋さんにいく前に!」の金丸です。

タイムリーな、質問なので、今日は読者さんからのメールをひとつ紹介します。
(珍しくほめてくれているので、全文紹介させていただきます^^)ありがとー

【はじめまして、いつも楽しく読ませていただいてます。

ワンルームマンションのオーナーを希望しており
そのために不動産屋さんを少しでも知っておこうとの思いがあります。
購読は20回目ごろからですが、バックナンバーも目を通させていただきました。


さて質問です。
第50回の「今日の結論」にありました
「きちんと物件確認しているところは、ほとんどいい不動産屋さんです。」
についてですが、HP上から物件確認しているかどうかは
どうやったら確認できるのですか?
更新については日付でわかりますが
物件確認については何か良いほうは有るのでしょうか。
特に、初めて行くHPでその点も含めた
おおよそのレベルを見極められたらとおもいます。

もし私の見落としならその様におっしゃっていただいてかまいません。

これからもためになる情報よろしくお願いします。
(はじめのつかみも楽しみです。)】


自分の答えは最後に!

それでは今週も行きます。
不動産屋さんに行く前に!はじまり、はじまりー


■「あけぼの不動産と杉山不動産」先週のまでの話


杉山不動産の杉山社長は、あけぼの不動産の牧瀬君に言った。

「ホームページに会社の写真や、社長さんの写真、さらには社員の写真を掲載する
ことは、お客さんに安心してもらうために大切なことだが、それだけじゃ、問い合わせ
するには、もうひとつ足りない。

それは、不動産屋としてのレベルがわからないってことなんだ。

だけど、どこの会社もみんな、うちはすばらしい会社ですよって言ってるWEBの世界
では、自社の宣伝をいくらやっても差別化できない。

結局本当にレベルが高いことを、売り込まずに証明しなければならなんだ。
売り込まずに証明する手段、それが物件情報の更新と、物件確認(すでに決まって
しまった物件の排除)をできるだけ頻繁に行うことで、できるんだよ。

不動産屋にとって、一番面倒くさくて大変な物件確認をしてるってことが、
何べんもホームページを見に来るお客さんには、きちんと伝わるものなのさ。

そして、お客さんはわかってくれる、働き者は信用できるってね・・・・」



■いきなりの来店客


「ホームページを開設した最初の頃に、あるお客さんが来店されたんだ。
そのお客さんは、ホームページに載っていたこの物件を見させてください!
っていきなり、パソコンで印刷した物件情報をカウンターに置いた。」

「へーそんなこと、うちではまだないな・・・・・」

「なに言ってんだよ牧瀬君、良いとは限らないんだよ。
実は当時のうちでは、まだ物件確認をまじめにしていなかった。
だから一見のお客さんと同じように、お客さんの目の前で、物元に電話して
確認したんだけど、もう決まっちゃっていたんだ。」

「それなら、ほかの物件を案内すればいいじゃないですか・・・」

「俺も当時はそう思った、だけどそうはならなかったんだよ。
何しろお客さんがものすごく怒っちゃったんだ・・・・・」

「なんでですか?」

「お客さんはこういったんだよ、

私はいろいろなサイトをみて、お宅を選んで今日ここまできたんです。
今日来ることを連絡しなかったのは、悪かったのかも知れないけど、この物件を
見るためにわざわざ、来たんですよ。ホームページに掲載してある物件は、紹介
できる物件ってことなんじゃないんですか?紹介できないなら何でのっけておくん
ですか!他の不動産屋に行く気なんてないんですから、ここまできたのはまったく
無駄足じゃないですか!それもみんなあなたのせいです!」


■ まめに働く


「俺はびっくりした、そして感謝した・・・・・」

「自分のホームページを、そんなに真剣に見ていてくれるお客さんがいることに
びっくりして、そして他の不動産屋に行く気がないってことに感謝したんですね」

「そうだ、その通りだ。そのことがあってから、社員みんなで、といっても3人だけど、
話合ったんだよ。インターネットのお客さんは、わざわざうちを選んでくれた人なんだ
から、それなりの対応をするために、とにかく物件確認をちゃんとしようって」

「でも、大変ですよね」

「確かに大変だった。俺だって小さいながらも長く不動産屋を続けていて、それなりの
プライドもあって、毎週毎週頭を下げて(電話でだけど)確認の電話をするのはつらか
ったさ、でもその内、まだ広告打っていない物件だけど、どう?とか、この前の物件は
お宅が一番決めてくれたから、今度は最初に情報を流すね!なんて、言ってくれる
会社も出てきたんだ。」

「そうなんですか・・・・業者の間でも、働き者は信用できるってわけですか」

「そうだったんだよ、そのころから、ホームページをみて問い合わせをしてくれる人は
あまり増えなくても、とにかくインターネットから来たお客さん(HPをみて来店、電話
メール)は、成約率が上がってきたんだ。

そうなるとこっちも乗ってきて、ただ物件の確認をするだけじゃなくて、
実際に物件の写真を取ったり、どんな物件なのかも、ちゃんと調べてHPに掲載する
ようになったんだ」

「なんだかすごい感じがしてきました・・・・確かにお客さんにとっていい会社ですね。
それに比べてうちの会社は・・・・・・・・・・」


■ 会社の意識改革


「成約率が上がるってことは、実は合わないお客さんが来なくなるってことでもあって、
実際に来店客はそれほど増えなかったんだが、俺たちの意識は完全に変わった。

契約する気があるお客さんなんだから、プロとして正しい情報を伝えてやろうって、
そうすることが契約につながるって、実際に体験できたんだ。

だから、お客さんのアドバイザーって言うか、エージェントの気分で物件を探すんだよ。

たとえば、明日内件の予約をWEBからしてくれたお客さんがいるとすると、メールで
やり取りした担当者は、今日のうちに散々希望する条件の物件を調べて、明日の内見
に備えているんだ。それって今までほとんどない行為だろ」

「確かにうちではありません。とにかく決まりやすい物件を紹介して、何でもいいから
契約してもらおうとします。」

「だろ、俺たちはお客さんと、実際の物件を見に行くまでに、どれだけ情報を集めて
正しい判断をさせてやれるかが大事なんだ。つまりどんな準備をするのかってのが
俺たちの価値だと思っている」

「それは・・・・・・今まで想像もしてない感覚です。」


(次週に続く・・・・)


あけぼの不動産と杉山不動産」バックナンバー

第42回 ホームページから会社を知る(その6)
http://www.saranari.net/melma/0042.htm

第43回 ホームページから会社を知る(その7)
http://www.saranari.net/melma/0043.htm

第44回 ホームページから会社を知る(その8)
http://www.saranari.net/melma/0044.htm

第45回 ホームページから会社を知る(その9)
http://www.saranari.net/melma/0045.htm

第46回 ホームページから会社を知る(その10)
http://www.saranari.net/melma/0046.htm

第47回 ホームページから会社を知る(その11)
http://www.saranari.net/melma/0047.htm

第48回 ホームページから会社を知る(その12)
http://www.saranari.net/melma/0048.htm

第49回 ホームページから会社を知る(その13)
http://www.saranari.net/melma/0049.htm

第50回 ホームページから会社を知る(その14)
http://www.saranari.net/melma/0050.htm


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
今週の、どうしても紹介したい不動産会社】
(でも紹介されていることを、この会社自身は知らない^^)

東京 大田区は梅屋敷にある
立神双葉開発さん
http://www.tategami-futaba.co.jp/

「あゆみのひとりごと」っていう日記のページがあるんですが
http://www.tategami-futaba.co.jp/nikki.htm
人柄がとってもよく出ています。

東京の大田区周辺っていうのは、安い物件から高い物件まで、いろいろ混ざった
地域で(有名な鎌田の工場地帯もあり、品川や目黒などの高級地帯もすぐそば)
だからこそ、物件探しには不動産屋さんの力が必要なところです。

不動産屋さんとしての、スキルも高くて、お勧めの不動産屋さんの一人です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


● 今日の結論

☆ホームページに掲載してある物件は、物件確認をして、いつでも紹介可能である
べき(必死にやっても、すべてを網羅することは不可能ですが、できるだけってこと
です)

☆ できれば、物件を掲載しているだけでなく、その物件をしっている業者さんがいい

☆ 本当にいい不動産屋さんは、皆さんがお店に行く前に、準備をしていてくれる
不動産屋さん。ですので、できるだけ内見の予約をすることをお勧めします。


このメルマガはバックナンバーを公開しています。
バックナンバーはここから
http://www.saranari.net/melma/backno.htm

【相互広告募集中】
すいません、ちょっと混乱しています。メールをいただいた方には、これからお返事
いたしますので、今週は募集をストップいたします。
勝手を言って申し訳ありません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

インターネットを使って物件を紹介できる不動産会社は
まだまだ多くはありません。
そんな中、全国のインターネット対応の不動産会社が集まったサイト
それが【さらなりドットネット】
全国のインターネット不動産会社があなたのエージェントとして、
一生懸命相談に乗ってくれます。わからないことがあったら、
まずはメールで問い合わせてみてください。
http://www.saranari.net

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆ 質問のお答えコーナー☆

【物件の更新は更新日付けを見ればわかりますが、物件確認をしているかどうか
はどうすればわかるんですか?】

物件の更新日は、公正取引委員会の通達の中に、表示規約というものがあり、
この中でホームページ上で物件紹介をする場合、その更新日と、次回の更新予定日
を表示することが、義務付けられています。

つまり、更新日がない会社は、更新していないって証明しているようなものです。
(ただし、ホームページに関してですよ。インターネットが苦手なだけで、更新できない
ちゃんとした会社もあることを忘れないで下さい。)

さて、更新日は表示されていなければ、それでやってないことがわかっちゃいますが、
おっしゃるとおり物件確認をしているかどうかは、どうやって確認すればいいのでしょ
うか?

これも実は単純です。

物件確認をやっている会社は、HP上で「物件確認済です」とか「当社の物件は
90%以上確実にあります」とか「毎週金曜日に物件をクリーニングしています」など、
物件確認をしていることを、アピールしているものなんです。

反対に物件確認をやっていない会社は、「物件確認をしている」とはいえません。
だって、本文にあるようにクレームになっちゃうでしょ。

不動産業ってお客さんの側から見ると、怖くてだまされそうな業界に見えますが、
「クレーム商売」なんです。ですので不動産屋さんはクレームが発生することをとても
嫌います。

もし物件確認をやっていないのに、やってますなんて書いて、
「もう決まっちゃいました」って言ってクレームになったら・・・・・・とてもそんなリスクは
負えません。だから、物件確認をしていない会社が、「確認してます」とは、
まず書かないものなのです。

そして本当に物件確認をしている会社は、必ずホームページ上でアピールするもの
なんです。だって大変な思いをしてやっているのに、アピールしないなんてもったい
ないでしょ!

また、物件確認をするのは、インターネット不動産を行ううえでとても大切なことだと、
きちんと確認している会社は「必ず」知っています。

確認していない会社に、お客さんが行ったときの不幸な状態を避けさせるため、
胸を張って「物件確認しています」とアピールするものなんです。

以上です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
どんな些細なことでもお便りいただけると本当にうれしいです。
励ましのつもりで送って下さい。
(時々質問を取り上げさせていただく時があります。
匿名で掲載しますが、問題の有る場合は一言付け加えてください)

あなたのメールを首をながーくしてお待ちしております。
下記アドレスまでどうぞ!
kanemaru@ring-and-link.co.jp

ちなみに苦情は受け付けておりません(^^)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【発行元】リングアンドリンク株式会社
359-0027 埼玉県所沢市松郷151-51
TEL:042-946-5171
FAX:042-946-2663

【発行責任者】 
インターネットビジネスコンサルタントwith不動産
金丸信一 Shinichi Kanemaru
ご意見・ご感想:kanemaru@ring-and-link.co.jp
HPはここhttp://www.saranari.net
メルマガの登録解除はこちらから
http://www.saranari.net/melma/touroku.htm

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
今週は4200名もの方に読んでいただきました。
みなさま ほんとに ほんとに ありがとうございます。

【編集後記】
「減量作戦50週目の結果」
減量開始時 体重84,9kg 体脂肪率 28.5%
現在 体重74.2kg(-10.7kg)体脂肪率23、5%(5.0%)
(あと2ヶ月で70キロになります!)

今月は富山、福島、札幌と初めて講演するところが、多くあります。
特に福島は母親の田舎で、小学生の時、東北本線に乗りながら、「郡山」と言う駅を
通るとき(田舎は二本松)、「氷の山があるはずだ」と思って、一生懸命窓の外を見て
いたことを思い出します。
(馬鹿じゃない!とあとでたった一言でした)

バックナンバートップへ戻る
メールマガジン
  • 賃貸不動産物件を検索しよう
  • 売買不動産物件を検索しよう
  • 簡単1分登録とは?